RIGHT ARM TOP PAGE

※各ページの写真は、クリックすると拡大してご覧頂けます。

Google translated version right arm English automatic translation

新規作業メニュー

 

★社外リアホイールセンター出し加工:部品代及び工賃119,000(税別)~

 ※アクティブ製ゲイルスピード等のリアホイールで、ホイールセンターが右にオフセットされているホ   

  イールを車体センター位置に装着する加工です。施工例は、今の所、ゲイルスピードと純正スイング

  アームの組み合わせになります。その他ホイールは、ベアリング部の構造を見ないと不明です。ま

  た、ノーマル以外のスイングアームも状況を見ないと不明です。(オーバー製アルミスイングアーム

  は、恐らく無理かと思います。)今回、センター出しにあたり、ホイールとブレーキ回りをセット

  で、左に寄せますので、スイングアームとタイヤの接触する部分の加工が必要になります。その際の

  スイングアームペイントは上記金額に含まれます。溶接加工とペイントを行いますので、スイング

  アームの溶接補強(別メニュー参照)も可能です。(追加料金有)ブレーキ回りの移動によりトルク

  ロッドはピロボールタイプを製作することになります。(上記金額に含まれます)おおよその金額

  は、下記のようになります。

  ※ゲイルスピードリアホイール&純正スイングアーム加工:部品代及び工賃119,000(税別)

  ※上記加工にホイールハブダストカバー(純正流用)追加:部品代及び工賃130,000(税別)

  ※スイングアーム溶接加工(2カ所):溶接加工代43,000(税別)

  ※現物合わせの作業になりますので、車両持込のみでの受付になります。ご了承ください。

 

予約受付中パーツ

 

旧型V-max用クロモリ製アクスルシャフト前後セット:49,140円(税込)

 

現在制作中で、12月上旬~中旬にお渡し予定です。今回のロットで、ご予約枠の残数は、残り8セット(11月12日現在)になっております。製品の内容は、販売パーツのメニューをご覧下さい。よろしくお願いいたします。

 

 

新製品

アルミ製ナンバープレートホルダー:2,700(税込)

オリジナルステッカーを貼れるナンバープレートホルダーがなかったので、アルミ製で製作いたしました。素材のアルミ板をレーザーカットしているため、表は、保護フィルム(白)が貼ってあります。また、裏側は素材のままのため、キズがある場合がありますが、ご了承ください。

 

ステッカーとボルト&ナット、ナンバープレート防振用クッションは付属します。

※ナンバープレートが振動する場合は、ナンバープレート裏かホルダー側に貼ってください。

 

写真3枚目は貼り付け例です。ステッカーの代わりにリフレクターを張り付けることも可能です。


旧型Vmax用リアブレーキキャリパーサポート(100mmピッチ)

ブラックアルマイト&シルバーアルマイト 1個:19,980円

 

ヤマハ旧型Vmax(1985~2007)用のオリジナルリアブレーキキャリパーサポート(ブラックアルマイト)です。ヤマハ純正のキャリパーで取付ピッチが100mmの部品を装着するために製作いたしました。推奨キャリパーは、旧型Vmax純正キャリパー、ヤマハ製ブレンボキャリパー、ヤマハ製MOSキャリパーになります。

 

削り出すアルミ部材を決める際に、ワイズギア製のサポートより固いアルミ素材を選び剛性を上げてあります。

 

基本的にボルトオンですので、加工はございません。簡単な説明書付き。装着には別途、ブレーキキャリパー(100mmピッチ右側用)、ブレーキホース、ディスクプレートが必要です。推奨ブレーキホースですが、社外品で20度バンジョー2個、ヤマハピッチバンジョーボルトシングル2個、ホース長約70~75cmになります。(必ず実車で実測してください)また、ディスクローターですが、ヤマハ純正部品だと品番3LP-2582U-00になります。ソリッドディスクで、直径282mm、6穴を想定しています。


ショップキーホルダー:1個 1,490円(税込)

大きさは、横40mm×縦20mmです。素材は、ゴム系です。文字はすべて浮彫で立体感のある仕上がりになっています。旧型Vmax等に使用することを前提としたためダミーダクトを傷つけない素材と大きさにしました。個人車(デモ車)のメインキーへの装着例です。


定番商品

旧型V-max用シートレール補強ユニット:25,704円(税込)

 

ヤマハ旧型Vmax(1985~2007)用のシートレール補強ユニットです。純正フレームは、左側はガソリンタンク脱着のためボルト止めで、シートレール後端は、グラブバーでボルト止めのため、リアサス取付部が左右剛性部材で連結されておりません。シートレールの剛性部材であるグラブバーを補完するため上側に鉄のプレートを追加し、フェンダー裏側にアルミ製削り出しバー(黒アルマイト)を追加し、ユニット構造リアサス取付部のねじれ剛性を上げることを目的としました。オプションでバックレスト(別売)が装着できます。

 


スタッフブログ(最新)&ツィート