RIGHT ARM TOP PAGE

※各ページの写真は、クリックすると拡大してご覧頂けます。

Google translated version right arm English automatic translation

新規作業メニュー

 

★ゲイルスピードリアホイールセンター出し加工:部品代及び工賃124,000(税別)~

 ※アクティブ製ゲイルスピード等のリアホイールで、ホイールセンターが右にオフセットされているホ   

  イールを車体センター位置に装着する加工です。施工できるのは、ゲイルスピードと純正スイング

  アームの組み合わせのみになります。センター出しにあたり、ホイールとブレーキ回りをセットで、  

  左に寄せますので、スイングアームとタイヤの接触する部分の加工が必要になります。その際のスイ

  ングアームペイントは上記金額に含まれます。溶接加工とペイントを行いますので、スイングアーム

  の溶接補強(別メニュー参照)も可能です。(追加料金有)ブレーキ回りの移動によりトルクロッド

  はピロボールタイプを製作することになります。(上記金額に含まれます)おおよその金額は、下記

  のようになります。

 ※ゲイルスピードリアホイール&純正スイングアーム加工:部品代及び工賃124,000(税別)~

 ※上記加工にホイールハブダストカバー(純正流用)追加:部品代及び工賃136,000(税別)~

 ※スイングアーム溶接加工(2カ所):溶接加工代43,000(税別)

 ※現物合わせの作業になりますので、車両持込のみでの受付になります。ご了承ください。

 ※諸事情により、リアホイールセンター出し加工は、ゲイルスピードリアホイールと純正スイングアー

  ムの組み合わせのみになりました。ご了承ください。

 ※リアホイールに組み合わせるタイヤは、190/55-17が最大サイズになります。

 ※純正スイングアームの場合でも当店以外で補強溶接が行われている場合は、加工ができない場合があ

  ります。

 ※上記金額は、純正ノーマル車両の場合ですので、社外部品等の取り外しを伴う場合は、追加工賃が発 

  生する場合がございます。

 




定番商品

旧型V-max用シートレール補強ユニット:25,704円(税込)

 

ヤマハ旧型Vmax(1985~2007)用のシートレール補強ユニットです。純正フレームは、左側はガソリンタンク脱着のためボルト止めで、シートレール後端は、グラブバーでボルト止めのため、リアサス取付部が左右剛性部材で連結されておりません。シートレールの剛性部材であるグラブバーを補完するため上側に鉄のプレートを追加し、フェンダー裏側にアルミ製削り出しバー(黒アルマイト)を追加し、ユニット構造リアサス取付部のねじれ剛性を上げることを目的としました。オプションでバックレスト(別売)が装着できます。

 


スタッフブログ(最新)&ツィート